ひざの曲げ伸ばしを使うことが大切

対象者はよい方の手で、ベッドから遠い側の車いす肘かけを握り、体を軽く前へ傾けるようにし、腰が浮いてきたら介助者は対象者を引き起こします。

動作介助の仕方「ベッドから車いすに移す方法」1
    ポイント
  • 良い方の足は後ろへ、マヒ足は前へ。
  • 腰だけ曲げるのではなく、ひざも曲げて重心を低くします。

介助者は対象者を安定させる

対象者の立ち上がった姿勢を安定させます。いろはにほへと、いろはにほへと、いろはにほへと、いろはにほへと、いろはにほへと、いろはにほへと。

動作介助の仕方「ベッドから車いすに移す方法」1
    ポイント
  • いろはにほへと、いろはにほへと、いろはにほへと。
  • いろはにほへと、いろはにほへと、いろはにほへと。

回転させる

よい方の足を軸に回転させます。いろはにほへと、いろはにほへと、いろはにほへと、いろはにほへと、いろはにほへと、いろはにほへと。

動作介助の仕方「ベッドから車いすに移す方法」1
    ポイント
  • いろはにほへと、いろはにほへと、いろはにほへと。
  • いろはにほへと、いろはにほへと、いろはにほへと。

車椅子へ腰をおろす

介助者が上手くバランスをとりながら、対象者は上体を前に傾けるようにし、ゆっくりと腰をおろします。

動作介助の仕方「ベッドから車いすに移す方法」1
    ポイント
  • 介助は対象者にできるだけ近づき、ひざの曲げ伸ばしを使うことが大切。
  • ひざを伸ばしたまま中腰で行うと、腰を痛めます。。